現代血統の競馬

競馬の観点を“血統”としていて現代における血統の見方や活用で予想に奮闘!! 主に週末の競馬をブログとYouTubeにて配信しています。

小倉記念【2017年 予想】

 

おはようございます。
今年の夏は冷房の効いた部屋で「ドラクエ11」でしょ!

f:id:yu-ichi211:20170806055718j:plain

子供の頃にやったドラクエは心に刻まれていますからね。
でも、あまりゲームにハマれなくなったのは大人になったからなのかなぁ?
まだ序盤しかやれてませんが、ちょこちょこ進めてみます。


さて、本題のブログ一発目の予想小倉記念です。
再来週にはYouTuberとしてのデビューも控えています。頑張りましょう!


台風は大丈夫なのかな?
と、思いきや前日発売はしていますし、あまり気にしないでおきます。
現時点(早朝)の予報は曇り。風速は5~6m。

 

 


2回小倉4日 11R 3歳上オープン ハンデ
芝右2000m (Aコース) 13頭
農林水産省賞典小倉記念[GⅢ]
ローカルの小回りコースならではのスタミナ(持続力)が問われます。当レースはそのスタミナのなかでも、ある血統を持つ馬が激走!!
その血統とはトニービン(又はグレイソヴリン)です! これがとにかく凄い!!
ロングスパートからの消耗戦になりやすい小倉記念。最後までバテずに末脚を持続させられる特性が当レースに合っています。


16年11番人気1着 クランモンタナ(母父トニービン)
14年3番人気1着 クランモンタナ(母父トニービン)
14年2番人気3着 メイショウナルト(父ハーツクライ)
13年3番人気1着 メイショウナルト(父ハーツクライ)
13年5番人気2着 ラブリーデイ(母母父トニービン)
11年15番人気2着 キタサンアミーゴ(母父トニービン)
11年8番人気3着 リクエストソング(母父トニービン)
10年9番人気1着 ニホンピロレガーロ(父アドマイヤベガ)
10年4番人気2着 バトルバニヤン(父ジャングルポケット)
09年16番人気1着 ダンスアジョイ(母父トニービン)
08年7番人気3着 ケンブリッジレーザ(母父タマモクロス)
07年6番人気1着 サンレイジャスパー(父ミスズシャルダン)
07年7番人気2着 ニホンピロキース(父タマモクロス)


以上のように去年は11番人気が勝利。11年には15番人気3着に加えて8番人気3着。09年にはなんと16番人気が勝利しています。
過去10年でトニービン(又はグレイソヴリン)の血が馬券にならなかったのは12年と15年の2回のみ。2頭が3着以内に来ている年は半分の5回もあります!!
この激走ぶりは圧巻です! 今年はこの3頭がトニービンの血を持ちます。
④ カフジプリンス(父ハーツクライ)
⑤ フェルメッツァ(母父トニービン)
クランモンタナ(母父トニービン)


他の血統からは近年でディープインパクト産駒とステイゴールド(又は母のゴールデンサッシュ)が目立ちます。
ローカル競馬で活躍するディープインパクト産駒は中央開催場所(東京、中山、京都、阪神)で結果を残せず、ローカルだけ走るパターンをよく見ます。
もともとディープインパクト産駒というだけで潜在能力は他よりも高い訳ですから当然と言えば当然。単純に周り弱化で好走したり、能力の方向性がローカルへ向いている場合(なかにはズブいディープインパクト産駒も)という2つの要因があります。
ステイゴールド(ゴールデンサッシュ)はタフな流れに強いサンデーサイレンス系。
小回りにも強いので当レースに合います。
出走馬から該当するのはこの5頭。
③ ヴォージュ(父ナカヤマフェスタ)
⑤ フェルメッツァ(父ディープインパクト)
ベルーフ(母母ゴールデンサッシュ)
⑪ ケイティープライド(父ディープインパクト)
クランモンタナ(父ディープインパクト)

 


以上を踏まえての本命は...

 
4枠5番 フェルメッツァ
ディープインパクト、母父トニービンの配合パターンは去年の勝ち馬(クランモンタナ)や14年の勝ち馬(サトノノブレス)と同じです。
ここまで揃ったり、トニービンが注目されると罠の気配がしますが(苦笑)
しかしながら血統派として見過ごせませんし、本命に取るほかありません。騙されたら騙されたでいいんです。小倉記念はこの馬と共に行きます!
血統面以外では小倉競馬場との合性というか適性が向く可能性に賭けたいことと、叩き2走目の成績がいいので上積みの期待はあるのかと。


対抗以下はご覧の通り。買い目も掲載してます!


5枠6番 ベルーフ
小倉記念を2年連続2着。適性が高いのに思ったより人気がありません。


2枠2番 タツゴウゲキ
前走(七夕賞)は騎乗ミスさえなければ勝ち負けしたでしょう。
鞍上強化で過剰人気ですが評価。


3枠3番 ヴォージュ
前走(七夕賞)はハイペースに付合い最後は失速。もう一度見直しても。


7枠11番 ケイティープライド
ローカル重賞で掲示板4回(内馬券圏内1回)の善戦マン。いつ馬券圏内にきても。


8枠12番 クランモンタナ
去年の覇者。障害競走からの好走はイメージ出来ませんが、なんか期待したい。

 


◎ ⑤フェルメッツァ
〇 ⑥ベルーフ
▲ ②タツゴウゲキ
△ ③ヴォージュ
△ ⑪ケイティープライド
△ ⑫クランモンタナ

f:id:yu-ichi211:20170806062149p:plain