現代血統の競馬

競馬の観点を“血統”としていて現代における血統の見方や活用で予想に奮闘!! 主に週末の競馬をブログとYouTubeにて配信しています。

先週の回顧【2017年 セントライト記念的中!】

先週の競馬はセントライト記念を的中!

ローズSは天気や馬場読み失敗。
直前買いに変更するも、ラビットランは自分ではちょっと買えないです。
こういう馬券を獲る為に。というか高配当馬券は自分にとっての醍醐味。

この秋、自分の予想にハマる馬券をいくつ獲れるのか!?


では、的中したセントライト記念の回顧です。

 


2017/9/18日() 4回中山5日
3歳オープン 馬齢 芝2200m(Bコース) 15頭
セントライト記念G2

f:id:yu-ichi211:20170921184626p:plain馬連 ⑤-⑦ 5.9倍を4500円的中!
3連単 ⑤→⑦→② 72.3倍を100円的中!

 

【本命】3枠5番 ミッキースワロー...2番人気1着
父:トーセンホマレボシ 母父:ジャングルポケット

ガチガチの人気決着。本命馬が1着で的中!
そこで、予想以上に大事になってくるのが馬券の買い方。
たらればを言うと永遠のテーマになりますが、買い方こそ予想に対しての意思表示。
ここも、ミッキースワローが1着の馬券(単勝馬単3連単)のいずれかをしっかり買うべきであったと回顧します。

格が違う「⑦ アルアイン」に勝つ可能性が唯一あるとしていましたし、何と言ってもこのコースに対しての適性や横山典弘騎手の乗り替わり。
ここに勝負気配を感じられました。


菊花賞に関しては、
舞台設定として絶好ではないと思いますが...
ただ、前目のインでしっかり脚を溜められれば本番でも好走しそうです。
母父もジャングルポケットなのでそこそこのスタミナはあるでしょう。
トーセンジョーダンやカンパニーと字面の並びが入れ替わったような配合にも興味がありますし、今後が楽しみな1頭でもあります。


ここから菊花賞で面白そうなのはサトノクロニクルでしょうか。
父は長距離でもどんと来いのハーツクライで、母父にはあのインティカブ。
インティカブはエリザベス女王杯で圧巻のパフォーマンスで勝利したスノーフェアリーの父。欧州の馬は京都の長めの外回りコースであれば好走可能で、コース形態がそうさせています。

そういった血統を母父に持つサトノクロニクルも実際に京都新聞杯で僅差の2着という実績があります。
本番でもっと上りの掛かる馬場や展開になればこの差はひっくり返るでしょう。
あとは神戸新聞杯もありますし、これ以上は保留にしておきます。


今週の重賞はその神戸新聞杯オールカマーが日曜日に行われます。
2週連続的中出来るように、ここは全力投球で行かせてもらいますよ!!

 

 

 ↓↓↓ こちらをクリック(応援)してもらえると嬉しいです(*´ω`*)


競馬ランキング

 


月刊誌「競馬最強の法則」監修の競馬最強ブログランキングにも参加!!
 ↓↓↓ こちらから応援して下さい!


最強競馬ブログランキングへ