現代血統の競馬

競馬の観点を“血統”としていて現代における血統の見方や活用で予想に奮闘!! 主に週末の競馬をブログとYouTubeにて配信しています。

【阪神ジュベナイルフィリーズ】血統傾向の観点から|でも、その前に先週の振り返り

f:id:yu-ichi211:20171205230052j:plain

いい肉を食ってる場合ではないですが、
これも今週に向けての活力を得る為!!
(都合のいい解釈ですんません)
でも、その前に反省を。

先週は日曜日に行われたGⅠ【チャンピオンズカップ
この1本勝負でしたが、見せ場もなくご覧の通り。

 

2017/12/3() 4回中京2日
3歳以上 (国際) (指) 定量 ダート1800m
チャンピオンズカップGⅠ
1着 × ⑨ゴールドドリーム
2着 × ⑬テイエムジンソク
3着 × ①コパノリッキー
―――――――
7着 ▲ ⑫カフジテイク
8着 ★ ⑩キングズガード
9着 ◎ ④ノンコノユメ
11着 〇 ⑭サウンドトゥルー


結果的には後方に厳しい流れの競馬でした。
今回は4頭に印を打ち、この有様。

反省すべきはダート戦が得意でもなく、何しろ血統予想にもなっていないのに投資金額は17,200円(600円返還)
先々週のジャパンCで調子に乗っていたからでしょう。ここでもいいところを魅せようと思った表れです。

このレースで一番の恩恵を受けたのは間違いなく「① コパノリッキー
馬場、ペース、枠で好転したのは、予感はしたものの選択できなかったですし、前走(JBCスプリント)の経験から追走が楽になったことも激走の要因となりました。

そして、勝利した「⑨ ゴールドドリーム
ここで立ち直ってくるとは...
陣営の仕上げか? それとも騎手か?
恐らくどちらともうまくいってたんでしょうね。
そうでないと、勝ち切るまでには至らないと思います。
(中団より後ろに位置していた馬で上位に来たのはこの馬のみ)

しかし、R.ムーア騎手というか外国人騎手恐るべし!

ん? 待てよ。 今年の秋のGⅠってどうなってるんだ?
(下記は今年の秋のGⅠで勝利した騎手)

スプリンターズS:M.デムーロ(レッドファルクス)
秋華賞:C.ルメール(ディアドラ)
菊花賞:M.デムーロ(キセキ)
天皇賞(秋)武豊(キタサンブラック)
エリザベス女王杯:M.デムーロ(モズカッチャン)
マイルCS:M.デムーロ(ペルシアンナイト)
ジャパンC:H.ボウマン(シュヴァルグラン)
チャンピオンズC:R.ムーア(ゴールドドリーム)


「いやいやいや、待てよっ! 日本人騎手は何やっとん!!」
命懸けのスポーツ、仕事なのは承知の上ですが、こう言われも仕方ないかと。
外国人騎手にナメられていますよ。多分。

残りの平地GⅠはあと4レース。どうなることか。
意地(結果)を見せてほしいと願っています!
まさか、有馬記念武豊騎手(キタサンブラック)のみって、誰でも分かるような結果にはならないでしょうね。


こんなことを思いながらも、先週の予想と投資については本当に反省しています。
ひょっとしたら参考にされた方もいるかも知れません。
ブログ、YouTube動画をやってる以上は意思表示と結果が全て。

偉そうなことをぬかす前に僕自身、
いいものを届けられるように最大限努力します!!

 


長くなりますが、もう少しお付き合いを。
今週の日曜日に行われるGⅠ阪神ジュベナイルフィリーズ
こちらについて少しだけ触れておきます。


2017/12/10() 5回阪神4日
2歳 (国際) 牝 (指) 馬齢 芝1600m (Aコース)
阪神ジュベナイルフィリーズGⅠ

血統的な傾向としては、ステイゴールド産駒ハーツクライ産駒
あとは、ダートやパワー型のスピードを持った血統(主に米国血統)に要注目です!

こちらが過去5年の【血統表】です。

f:id:yu-ichi211:20171205231126p:plain

芝のマイル戦とはいえ、2歳馬でしかも牝馬。初のGⅠ戦。
ここが3歳馬クラシックの登竜門とも言える舞台。
字面の距離よりもタフさが問われていることが一つ言えます。

それともう一つは仕上がりの早さやパワーとスピードを併せ持った能力!
先程のタフさとは矛盾になりますが、こういった馬の好走もあります。
これに限って言えば好位からの先行馬。勿論、馬券的には無視できません。

まずは、こういった血統的なところから
しっかりと予想していこうと思っています。

もう少し踏み込んだ血統解説や本命馬候補の発表は、
後日UPするYouTube動画でお伝えしようと思います!


もしよろしければ、チャンネル登録できますので是非!!
 ↓↓↓ チャンネル登録はこちらから

www.youtube.com


一応、現在狙っている馬はこちらのランキングで発表しています。
この馬⇒人気ブログランキング

 


月刊誌「競馬最強の法則」監修の最強競馬ブログランキングにも参加!!
 ↓↓↓ こちらから応援して下さい!


最強競馬ブログランキングへ