現代血統の競馬

競馬の観点を“血統”としていて現代における血統の見方や活用で予想に奮闘!! 主に週末の競馬をブログとYouTubeにて配信しています。

【2018年 ダイヤモンドステークス&京都牝馬ステークス】土曜日重賞と午前中のダート2つ

今週から2018年のGⅠシリーズが開幕です!
僕も登録している【最強】競馬ブログランキング「春のGⅠブロガー予想王決定戦」が行われます。ここには“猛者=優秀なブロガー”が沢山いますので是非、覗いてみてはいかかでしょうか?
月刊誌「競馬最強の法則」監修の最強競馬ブログランキング
↓↓↓ クリックで僕のランキングが上がります!


最強競馬ブログランキングへ


今回は、そんなGⅠの前に土曜日の重賞予想となります。
各重賞予想は本命馬のみ解説。(対抗以下、解説省略)

最後には午前中のダートで狙ってみたい馬のつぶやきとフェブラリーSの見解を簡単に紹介しています。

 

2018/2/17() 1回東京7日
4歳上 ハンデ 芝3400m (Dコース) 14頭
ダイヤモンドステークスG3
過去の血統傾向から欧州型ノーザンダンサー系をはじめノーザンテースト(母方限定で好走馬多数)も合性が良いです。
そして、欧州型ナスルーラのなかでもトニービン内包馬が最も目立ちます同型のナスルーラからリヴァーマン(3代血統まで入れると好走馬多数)もなかなかの存在感
年に1回の特殊コースに長距離戦ときたら“欧州のスタミナ=鈍足だけどタフ”な能力が問われます。

f:id:yu-ichi211:20180217034253p:plain

では、今回の該当馬はどれか?
やはりこの手のレースは同型同系統の馬が多く、8頭(14頭中)が該当。
なかでも2つの要素を持ち合わせていると言えるのがこの3頭。
②ハッピーモーメント(トニービンノーザンテースト内包)
⑤ホウオウドリーム(トニービンノーザンテースト内包)
フェイムゲーム(トニービンノーザンテースト内包)

この3頭から勝ちと妙味を意識して軸馬を選びます!
本命馬は...

 

【本命】4枠5番 ホウオウドリーム
父:ルーラーシップ 母父:メジロライアン

父はトニービン内包のルーラーシップ。母父はノーザンテースト系でメジロ牝系(在来牝系)といった根性がありそうでタフな血統。
ルーラーシップ産駒は距離が延びる度に成績が上がる傾向にあります。(3000m以上はまだ例が少なく未知数でもある)

矢作厩舎(栗東)の管理馬ながら関西[0-0-0-2] 関東[3-0-0-1] ほか[0-0-3-1]という成績(笑)
幸いながら3勝は全て今回の舞台である東京コース。

斤量52キロは好都合も、準オープンの身にしては人気になり過ぎか?(他が弱そうということもある)
消去法に近い選択ではありますが、期待します!
(対抗以下、解説省略)


◎ ⑤ホウオウドリーム
〇 ⑭フェイムゲーム
▲ ⑦リッチーリッチー
★ ⑧レジェンドセラー
以下(抑え) ②③④⑥

f:id:yu-ichi211:20180217034710p:plain

 

 

 

2018/2/17() 2回京都7日
4歳上 牝 別定 芝1400m (Bコース) 12頭
京都牝馬ステークスG3
競争条件が変わり3年目。過去2年からは傾向と呼ぶに相応しくないので、先週の馬場傾向を重視して進めます。

f:id:yu-ichi211:20180217034925p:plain

今開催は去年からの馬場へのダメージが影響し、上りが掛かる傾向にあります。しかも先週も雨で重馬場。当然パワーが問われてくるでしょう。
ここは狙います! 本命は...

 

【本命】1枠1番 オーヴィレール
父:シンボリクリスエス 母父:クロフネ

絵に描いたようなパワー血統(笑)
父のシンボリクリスエス(ロベルト系)、母父クロフネ(米国型ノーザンダンサー系)共にダートにも適性の高い血統。
それでいてサンデーサイレンスも内包し、母の前向きさも出ているので、折り合って好位で脚を溜めれば、このメンツでもワンチャンあると思います!

全4勝中1400mで2勝も好材料となります。
ワンチャン期待!!(対抗以下、解説省略)


◎ ①オーヴィレール
〇 ③ソルヴェイグ
▲ ⑧ミスパンテール
★ ②ワンスインナムーン
△ ⑩デアレガーロ
△ ⑫エスティタート

f:id:yu-ichi211:20180217035129p:plain

 

 

 土曜日午前中のダート戦で買ってみたい面白そうな馬がいます。
これは“本日厳選の1頭”“本日の狙い目”ではありませんのでつぶやき程度として見てください。
YouTube動画でやってますブログ公開予想の収支には反映しません。

時系列でいうとまずは、
京都1R 3歳未勝利<ダート1200m>
サウスヴィグラス産駒で距離短縮の「⑧ スマートパートナー」
サウスヴィグラス産駒は短距離ダートに特化した種牡馬
この馬も母方も速そうな血を内包しているので前走の1400mからの短縮は間違いなく着順を上げてくると予想。

あともう一つ。
東京2R 3歳新馬<ダート1400m>
とにかく1200、1400mで走るヘニーヒューズ産駒の「⑩ バーミンガム
母ファニーモークの仔は6頭中3頭がデビュー戦で勝利。
見れる方はヘニーヒューズ産駒の距離別成績を見てください。圧巻です!!

まあ、買うならどちらも複勝メインの単複ですね。
直近のオッズを見て買う価値があるのか判断して金額を決めます。
「オキテスグカウ」

 

フェブラリーステークスの見解について、
↓↓↓ こちらの人気ブログランキングにて述べています!


競馬ランキング