現代血統の競馬

競馬の観点を“血統”としていて現代における血統の見方や活用で予想に奮闘!! 主に週末の競馬をブログとYouTubeにて配信しています。

【2018年 桜花賞】牝馬クラシック第一戦の大予想を公開!

土曜日の予想はダメダメな日でした(汗)
ここ最近は、
土曜日好調→日曜日不調の流れ。
(先週は日曜日の大阪杯のみでしたが)

...ということは、今週は日曜日好調!?
ポジティブ思考で【2018年 桜花賞】に挑みます!

先週の10万円勝負ほどではありませんが、
投資的にもかなり気合入ってます!!


‐馬場状態について‐
土曜日の傾向からフラットな馬場というより内が有利。
ペースが遅くなるほどその傾向は強いです。
でも、ある程度流れるペースであれば差し馬の台頭も見込めます。土曜日のマイル戦は3鞍あり、9R(丹波特別)では外を回した馬の2、3着。(1番人気、6番人気)
そう考えるとGⅠとなる桜花賞は他のレースとは質が違うので、淀みない流れになる可能性は十分。ましてや最内に入ったラッキーライラックがそこそこ前に着けそうな気配もあるので、何かが後ろから跳んでくる絵は浮かびます。
このように色々考えましたけど、フラットな馬場=例年の血統傾向を重視(あまり馬場は考えないように)しようと思います。


桜花賞GⅠ
【本命】8枠16番 フィニフティ
父:ディープインパクト 母父:クロフネ

『現代血統の競馬』YouTubeチャンネルでも発表してる通り、本命馬の選択にブレはありません。
ディープインパクト産駒が6頭出走(全て買います)しているなかで、当馬を選んだのは以下のデータから桜花賞に向けて有利に働くと判断したからです。

桜花賞におけるディープインパクト産駒のデータ
<東西別成績>
関東馬[1-0-0-3]
関西馬[3-4-1-9]
※唯一、関東馬で勝利したアユサン栗東滞在から

<レース間隔別成績>
中3週以内[0-0-0-7]
中4週[3-3-1-5]
中7週以上[1-1-0-0]

<出走回数別成績>
4戦目[1-2-1-3]
5戦目[3-2-0-3]
6戦目以上[0-0-0-6]


「⑯ フィニフティ関西馬でレース間隔は中7週以上。
このパターンはヴィルシーナ(12年2着)とマルセリーナ(11年1着)と同じ。ディープインパクト産駒は休み明けから走るタイプが多かったり、使い減りするタイプが多いので、この産駒に限ってはクイーンCからのローテを加点材料としました。

あとはレース間隔と似たようなことが言えますが、ディープインパクト産駒はフレッシュな方が走りやすいです。
勿論、そこそこの相手やレベルでのレース経験は欠かせません。
前走のクイーンCでは前が有利な持続ラップ(なかなか差し難い)を差して2着。これはデビューから2戦目の内容として上出来と言えます!

まだまだ底が知れないし、潜在能力はあるでしょう。
ディープインパクト産駒のなかで最先着、勝ち負けを期待!!


対抗は一番強いんじゃないの? と思う「⑬ アーモンドアイ」
それに続き「① ラッキーライラック「⑰ マウレア」

以下、他の人気馬とディープインパクト産駒全頭です。


◎ ⑯フィニフティ
○ ⑬アーモンドアイ
▲ ①ラッキーライラック
★ ⑰マウレア
△ ④⑤⑦⑨⑮

f:id:yu-ichi211:20180408074348p:plain

福永JK 2着でいい!
2着でいいから2週連続頼む!

 


月刊誌「競馬最強の法則」監修の最強競馬ブログランキングに参加!!
↓↓↓ クリック(応援)してください


最強競馬ブログランキングへ

 

人気ブログランキング【競馬】にも参加!!
↓↓↓ クリック(応援)してもらえると嬉しいです


競馬ランキング