現代血統の競馬

競馬の観点を“血統”としていて現代における血統の見方や活用で予想に奮闘!! 主に週末の競馬をブログとYouTubeにて配信しています。

【2018年 優駿牝馬(オークス)】ダービー&オークス5万円勝負!!

2018/5/20() 2回東京10日
3歳 牝 定量 芝2400m 17頭
優駿牝馬(オークス)[GⅠ
オークス&ダービー5万円勝負!!
ここ最近、当ブログで公開している予想が不調で不甲斐ない結果が続いています。※2018年の収支は『現代血統の競馬』YouTubeチャンネルにて公開
何らかの変化をもたらしたいと思い、今回のオークスと来週の日本ダービーで5万円勝負をしていきたいと思います。


では、オークスの予想です。
先日、過去の傾向やポイントを押さえ『現代血統の競馬』YouTubeチャンネルにて予想動画公開しています。


【2018年 優駿牝馬(オークス)】ダービー&オークスで5万円勝負!|本命馬を発表します!

 

現在のオッズですが、以下の通り3強状態。
(まあ、1強とも言えますが...)

f:id:yu-ichi211:20180520014033p:plain

今回のオークスに対しての予想ポイントですが、1~3番人気決着の馬券は捨てています。狙うはこの3頭に通用したり、割って入れる馬。
4番人気以下が馬券に絡んだ場合を前提としています。

 

動画でもお伝えしたように、オークスで重要視したいのは前走芝2000m組。過去の結果を見ても分かりますが、桜花賞で好走した馬や人気だった馬が結果を出しやすいです。
しかし、馬券になる馬の約半数が前走芝2000m組だということも事実。おまけに馬券的な妙味もここから生まれやすいですし、桜花賞から800m延長よりもフローラS等の400m延長の方が2400mという距離に対して優位にあります。
これは3歳牝馬の頂点レースでありながら芝2400m。この時期の3歳牝馬にとっては長丁場ですからね。

血統に関してはクラシックディスタンスに強いディープインパクト産駒東京芝2400、2500mに強い種牡馬(キングカメハメハステイゴールドゼンノロブロイ)が結果を出しています。

以上を踏まえて本命馬を選択。
2018年優駿牝馬(オークス)の本命馬は...

 

 

【本命】6枠11番イオニアバイオ
父:ルーラーシップ 母父:ゼンノロブロイ

父はトニービン内包のキングマンボ系であるルーラーシップ。母父はオークスでも結果を残しているゼンノロブロイ
母のアニメイトバイオ桜花賞からのローテで4着。その仔であるパイオニアバイオは父がタフなルーラーシップで、何といっても前走フローラS(芝2000m)からのローテも大きな材料。

新馬戦から未勝利を勝つまでに8戦を要したのはスピードや瞬発力負けで、持続力だけは重賞級。その証明は前走のフローラS(サトノワルキューレのタイム差なし2着)で立証済み。
この結果はフロックではないと見ていて、距離が伸びる今回はもっと高いパフォーマンスが出来ると思っています。

総合的な能力では上位人気馬に劣りますが、この馬の持ち味でもあるタフな持続力だけは負けていません。
この舞台であれば、勝るに劣らないでしょう!!


相手はそんなに考えていません。
桜花賞の1、2着馬を入れて、溜めればキレるM.デムーロ
この3頭の内、飛ぶとしてもさすがに1~2頭でしょう。

ほか、抑えておきたい馬を適当に。(以下の印と買い目をご覧ください)


◎ ⑪パイオニアバイオ
○ ⑬アーモンドアイ
▲ ②ラッキーライラック
★ ⑧サトノワルキューレ
△ ①リリーノーブル
△ ⑤カンタービレ
△ ⑥オールフォーラヴ
△ ⑰ロサグラウカ

f:id:yu-ichi211:20180520014601p:plain

 

 


月刊誌「競馬最強の法則」監修の最強競馬ブログランキングに参加中!!
↓↓↓ クリック(応援)してください


最強競馬ブログランキングへ

 

人気ブログランキング【競馬】にも参加中!!
↓↓↓ クリック(応援)してもらえると嬉しいです


競馬ランキング