ユーイチ競馬奮闘録

このブログはとある競馬好きが己の野望を叶える為に奮闘中!現在は“プラス100万円を本気で目指す”ロングスパン企画を2019年3月9日からスタートしています!(達成orギブアップと言うまでやります)

中山牝馬ステークス2019【事前予想】

いよいよ3月も2週目。再来週から高松宮記念が始まり春のGⅠがそこまで迫ってきています。
そんな今週は大阪杯の前哨戦となる金鯱賞があり豪華な顔ぶれ。同日には桜花賞トライアルのフィリーズレビューもあります。
そして、土曜日にはそこそこ荒れる傾向にある牝馬のハンデ重賞中山牝馬ステークス
今回はその事前予想記事となります。

(日曜日の両重賞はYouTubeチャンネルの方でやります)

ユーイチ競馬奮闘録 - YouTube

 

f:id:yu-ichi211:20190305075642p:plain

父or母父キングマンボ系
去年は該当馬が4頭いながら馬券になっていませんが、馬場改修後の12年に2頭馬券になっていたり当レースにおいて存在感が強い血統。欧州指向にプラスして馬力的な要素もあるキングマンボ系には注目です。
登録馬から該当:ウラヌスチャーム

グレイソヴリン内包馬
キングマンボとトニービン(グレイソヴリン系)や他欧州血統が一緒に走りやすい牝馬限定戦は他にも存在します。コースは違いますがエリザベス女王杯マーメイドSも欧州指向が活きるレースです。
登録馬から該当:アドマイヤリード、ウインファビラス、ウラヌスチャーム

前走から距離短縮の激走に注意

f:id:yu-ichi211:20190305080418p:plain

非根幹距離の芝1800mということで前走からの距離についてですが、前走マイル戦からの成績はそこそこ良くて数字的にもほぼ標準値。逆に今回より長い距離を走ってきた馬は前走マイル戦の馬よりも好走馬が多く期待値も高くなっています。特に複勝回収率が優秀なので距離短縮馬の激走には注意が必要です。
登録馬から該当:アドマイヤリード、ウラヌスチャーム、クロコスミア、ノームコア、ミッキーチャーム、ランドネ、レイホーロマンス、ワンブレスアウェイ

 

以上の注目点からスタミナの要求値はそこそこ高いと見ています。
血統に関してはキングマンボ系やグレイソヴリン内包以外に父ノーザンダンサー系や中長距離に強いサンデーサイレンスがちらほら。前走から距離を短縮する馬の激走が多いのもタフな流れや馬場に強いという現れです。

前走マイル戦の馬に関しても悪くはありません。ただ、好走馬の殆どがパワー型のタイプなので、ここは血統を考慮して取捨選択を行います。

ちなみにディープインパクト産駒に関しては【1-1-0-7】勝率 11.1%、連対率 22.2%、複勝率 22.2%、単勝回収率 91.1%複勝回収率 58.8%という成績。他の重賞と比べて出走頭数が少ないですが、スタミナの要求値が高かったり馬力(パワー)が求められる舞台なので基本的には割引でしょう。


今年は例年よりも実力馬が多い印象で、その中に先行馬も多くいます。ペースが流れる可能性もありますし、スタミナやパワーが要求されるのであればアノ馬で勝負してみたいと思っています。
中山牝馬ステークスの本命予定馬は最強競馬ブログランキングにて発表しています!(下のバナーをクリックしてランキング内にある「ユーイチ競馬奮闘録」のブログ紹介文にて確認できます)


ブログランキングでお馴染み人気ブログランキングにも参加しています!下のバナーをクリックしてもらえるとランキングが上がりますので応援よろしくお願いします\(^o^)/