ユーイチ競馬奮闘録

このブログは捻くれ者のユーイチという競馬好きが己の野望を叶える為に奮闘中!予想理論は馬の個性(適性)を把握することを一番にブラッド&トラックバイアスで構成。大胆に攻めるスタイルでの的中を目指しています。

中京記念2019【最終予想】|三場のメインレースを公開!なかでも勝負レースは福島メイン!

今週も土曜競馬はお休みしていました。
いざ、中京記念へ! ...という予定でしたが、勝負は福島メイン!

今日は最終週ならではの面白さがある福島で楽しもうと思います。
では、中京記念→函館2歳S→福島TVOPの順です。

 

中京11R 中京記念GⅢ
・持続力が要求される特殊なマイル戦
マイラーというよりは1400m指向だったり中距離も意識できるタイプの好走が目立つレース。持続力が要求される特殊なマイル戦になるのでグレイソヴリン系や欧州指向がプラスされた配合。中距離型種牡馬としてステイゴールドハーツクライ産駒がまずまず来ています。

・過去の最終週とは全く別モノの馬場
先週もそうでしたが今の中京はインコースが有利。直線進入時点で中団よりも前に位置していないと好走できないバイアスが働いています。
以下は土曜日のレース。直線進入後の位置は前目が有利で血統的にはパワー型の印象が強く、遅い時計ではなくても時計が掛かる馬場に強いようなタイプが台頭しています。

f:id:yu-ichi211:20190721085822p:plain

 


中京記念2019【競馬予想】|枠順確定後の最終に近い見解!最終週で特殊な能力が要求されるマイル戦!

枠順確定後の最終に近い見解の予想動画を金曜日にアップしています。過去の結果から求められる適性や今年想定でのポイント、本命候補に関して等を述べていますが、やはり引っ掛かるのはトラックバイアス。
それを重視すると⑤グルーヴィット、⑥クリノガウディーが浮上。グルーヴィットは1400m指向というよりは1400mがピッタリに見えますしこの人気なので食指も動かず。クリノガウディーに関してもパワー型なところはいいんですがちょっと足りない印象と左回りに少し疑問。
正直、見送りたい気持ちもあるんですが本命にしたのは...

本命馬はこちら⇒

本命馬は最強競馬ブログランキングにて発表しています!(上のバナーをクリックしてランキング内にある「ユーイチ競馬奮闘録」のブログ紹介文にて確認できます)
過去の傾向を重視して差しも届く展開になればこの馬。
でも、歯切れが悪いのは確かです...
末脚はいいものを持っていて1400m指向は高い。条件戦では末脚不発も目立つ馬ですが、こういうタイプは血統込みで格上に対しての競馬に期待してみたいところではあります。

相手は⑦プリモシーン⑭カテドラル⑮ミエノサクシード
以下、⑤グルーヴィット⑥クリノガウディーロードクエスト

f:id:yu-ichi211:20190721090300p:plain

 

 

 

函館11R 函館2歳ステークスGⅢ
本命&対抗馬は人気ブログランキングにて発表しています!(下のバナーをクリックしてランキング内にある「ユーイチ競馬奮闘録」のブログ紹介文にて確認できます)
こちら⇒

前回の記事に沿って見解は特に変わりません。
この2頭のワイド、馬連で勝負!

gendaikettou.hatenablog.com

f:id:yu-ichi211:20190721090603p:plain

 

 

 

福島11R 福島テレビオープン
福島、中京、函館開催の最終週で勝負レースに選んだのはここ。福島競馬場のトラックバイアスは以下の通りで馬場の外側がよく外差し傾向。また、上りも掛かっていることから欧州型ノーザンダンサー系や中距離適性の種牡馬にパワー型配合が来ています。

f:id:yu-ichi211:20190721090804p:plain

ここで本命にしたのは⑩ストーンウェア
三場のメインレースで一番しっくり来たのはここでした。近走は直線の長いコースや上りの速い競馬で馬券圏外。過去に福島民報杯で3着の激走を見せたように小回りで上りの掛かる馬場でこそのタイプです。
血統的には米国色の強いパワー型で母方のリヴァーマンも効いています。全体的に中距離タイプの配合ではないんですが、この馬自身が中距離タイプなので問題なし。馬券は複勝の一点勝負にしました!

f:id:yu-ichi211:20190721090938p:plain

 

函館2歳ステークス【事前予想】|先週の的中等、夏競馬前半戦の成績報告!

どうも、ユーイチです(^^)/

今回は久々に重賞レースの事前予想として更新しました。
対象となるレースは「函館2歳ステークス」

中京記念」に関しては金曜日の夕方頃にYouTubeチャンネルにて“枠順確定後の最終に近い見解”をアップ予定。よろしければ下記からチャンネル登録をお願いしますm(__)m

www.youtube.com

それと最近からの的中報告もあります!
上半期を締めくくる宝塚記念は重視していた2頭でワンツーするも3着抜けでハズレ。このミスというか失態の精神的ダメージはかなり大きかったです。この時はフォロワーさんから叱咤激励のコメントもいただきました。
6月から予想スタイルを見直して改良の手応えはあり。あとは買い方のセンスがあればと感じていたところだったので本当に痛かったです。

それで、この夏競馬は馬券の組み立てセンスを磨こうと過去の予想と買い目を分析。改めて3連系のセンスの悪さに気づきました(知ってましたけどね 汗)。過去の大勝負をメインに見たところ複勝、ワイド、馬連をメインに勝負している時の方が回収率がしっかり回収している!?
本命馬のオッズや相手評価にもよりますが、複勝やワイドをしっかり買っておいて馬連で一撃を狙うスタイルが合っているみたいです。

予想よりも大事なのは馬券の買い方と言っても過言ではないので、馬券の組み方はより意識してセンスを高める夏にしよう...

そう思っていたら、夏競馬はまずまずの調子!?
特に先週は久々に自分で合格と言える的中でした。これだけやっているんだからたまには当たるんだろうけど、予想スタイルの向上に今の馬券スタイルは本当に手応えあり。その手応えとやらを今後の結果で証明してみせようと思います。

夏競馬終了まであと7週。あと二つ三つと自分に合格を出せる的中を積み重ねられるよう頑張ります!
馬下半期に入り重賞レースの成績は以下の通り。

6月30日()
ラジオNIKKEI賞
GⅢ “○→◎→消”
ワイド 20.5倍、馬連 62.4倍を的中!

f:id:yu-ichi211:20190718181341p:plain

CBC賞GⅢ ハズレ

7月7日()
七夕賞GⅢ ハズレ
プロキオンステークスGⅢ 予想なし

7月14日()
函館記念GⅢ “◎→○→★”
ワイド 12.5倍、馬連 38.7倍、3連複 102.4倍を的中!

f:id:yu-ichi211:20190718181924p:plain

7月21日()
中京記念GⅢ←こちらをメインとして買います!
函館2歳ステークスGⅢ←こちらは参加程度の予定...


では、本題の「函館2歳ステークス」
過去の血統傾向として米国血統、短距離にも強いサンデーサイレンス系、サクラバクシンオーの血に注目。他の傾向からは前走4角3番手以内(直線進入後は2番手以内が理想)、前走からの距離短縮がポイントです。

まずは血統に関してですが、仕上がりの速さというところで米国血統。特にストームバード系を中心に米国型ノーザンダンサー系。あとはサンデーサイレンス系からダイワメジャー産駒やフジキセキの系統。スプリント戦ということで母父サクラバクシンオーの系統も目立ちます。

f:id:yu-ichi211:20190718182523p:plain

2歳戦の最速重賞ということで殆どが前走1着馬。当レースでは差し馬も来ていますが、新馬や未勝利戦といったところでは基礎スピードが抜けていないと駄目な感じで、過去5年で馬券になった15頭中全頭が前走4角3番手以内です(勿論、前走が函館競馬場ということもあります)。

あとは距離短縮馬について。これは穴馬を拾うのに良いデータとなっていて前走から距離を短縮した馬は芝限定で[0-1-1-3]複勝回収率は264.0% ※過去5年
これは最終週だったりちょいタフな要素といったところが要因。新馬、未勝利戦よりもレベルが高いのに決着時計が遅いこともあるというレースの質を知ることが重要。以下は過去5年のラップタイム。終いまでの持続力が要求されています。

2018年 12.1-10.6-11.2-11.7-11.6-12.2(33.9-35.5)
2017年 12.1-10.7-11.7-11.6-11.6-12.3(34.5-35.5)
2016年 11.7-10.7-11.1-11.6-12.0-12.1(33.5-35.7)
2015年 12.2-10.6-11.3-12.0-12.3-12.2(34.1-36.5)
2014年 12.1-10.6-11.4-12.0-11.9-12.2(34.1-36.1)


まとめると、新馬クラスでは基礎スピードを見せていること。前走の時計はあまり当てにならず、前走4角3番手以内や持ったまま直線を向く等といった内容が重要。仕上がりの早い米国血統は2歳戦に強かったり、なかでも米国型ノーザンダンサー系は持続力も高い血統。ダイワメジャーフジキセキの系統も然りです。

出走馬が確定した木曜日段階で重視したい馬2頭を人気ブログランキングにて発表しています!(下のバナーをクリックしてランキング内にある「ユーイチ競馬奮闘録」のブログ紹介文にて確認できます)
こちら⇒

正直言って難解です。ランキングに掲載している後者が本命予定。この2頭のワイド、馬連を少し買って参加程度がよさそうなのかも知れません。あとは枠順と前日の馬場を見て判断するとします。

 

 

月刊誌「競馬最強の法則」監修の最強競馬ブログランキングに参加しています!下のバナーをクリックしてもらえるとランキングが上がりますので応援よろしくお願いします\(^o^)/


最強競馬ブログランキングへ

函館記念2019【最終予想】

土曜日の競馬をお休みして、いざ函館記念
バーデンバーデンカップ等、他のレースも考えましたが先週の七夕賞に次いで波乱傾向にある函館記念で1万円勝負をします!

函館競馬場は心配していた雨がなんとか持ちそうな予報。正直、雨が降って極端に時計が掛かるとややこしかったのでよかったです。

では、土曜日の函館をチェックしていきましょう。

f:id:yu-ichi211:20190714062751p:plain

ここに取り上げたのは準メインとメイン。良馬場発表ながら前日の雨が多少影響したと見られ時計は掛かっています。ただ、今週はBコース1週目ですし雨がなければ土曜日より少しは含水率が回復しそうです(平均ペースで2分ジャストを想定)。
直線進入後に関してはフラットな印象。含水率が下がるのであればインを立ち回ることに越したことはないと思います。

近年の函館記念において重要なのは持続ラップに強い適性。同じラップで走り続けることに長けているタイプが良く、先行馬かもしくは直線進入時5番手以内が理想です。

以下は過去3年の結果と過去5年のラップ比較。

f:id:yu-ichi211:20190714053445p:plain

やはりこういう競馬に強い血統と言えばノーザンテースト。あとはサンデーサイレンス系×ダンチヒも得意な条件。後半の競馬で同じラップを刻みながら粘れるタイプが狙い目です。あと当レースと言えばロベルト系がかなり優秀。全体的に見てダート的な馬力(又は持続力)が求められている証明でもあります。


-過去5年のラップタイム-
2018年 1分59秒8(良)
12.2-10.9-12.0-12.6-12.6-12.4-12.1-11.6-11.6-11.8

2017年 2分01秒2(重)
12.5-11.1-12.0-12.4-12.6-12.3-12.1-12.2-11.8-12.2

2016年 1分59秒0(稍重
12.3-11.0-12.0-12.4-12.3-11.6-11.9-11.7-11.9-11.9

2015年 1分59秒1(良)
12.6-10.8-11.5-11.7-12.0-11.9-11.8-12.1-12.1-12.6

2014年 2分00秒1(良)
12.3-11.3-12.2-12.0-11.8-11.7-12.0-11.8-12.3-12.7

ラップに関しては後半いかに持続力を活かせる競馬ができるか!?
先程の血統傾向でも持続に長けているロベルト系を挙げましたが、近年は全体ラップから速いところを続けられるノーザンテーストサンデーサイレンス系×ダンチヒ系が有効と考えます。
今年の出走メンバーから絶対にハナを切らなければいけないというタイプの馬はいません。恐らくマイスタイル、マイネルファンロンあたりが行くと思いますが速いタイプではないので前半は緩くなると思います。

そんな近年の流れから本命に選択したのは...

 

2枠4番マイスタイルです!

f:id:yu-ichi211:20190714054928p:plain

注目しているサンデーサイレンス系×ダンチヒ系。付き合わされる競馬でも好走はありますが、去年の函館遠征のように緩い流れを逃げるor番手で行くのが理想。そこから後半4Fの競馬に持ち込めば勝ち負けでしょう。
前走は悪条件での負けと今回を見据えての競馬なので気にしなくていいと思います。あとは自らのペースに持ち込めばいいので田中勝春ジョッキーにも期待!

対抗は穴馬として最強競馬ブログランキングにて発表しています!(下のバナーをクリックしてランキング内にある「ユーイチ競馬奮闘録」のブログ紹介文にて確認できます)
対抗馬はこちら⇒

馬券の基本は本命のマイスタイルとこの対抗馬のワイド、馬連がメイン。当馬もマイスタイルに似たようなところがあり当レースに強いロベルト系も内包。前走から距離延長もいいですし自身の競馬に持ち込めば面白いと思います。

以下、⑧メートルダール⑨ポポカテペトル⑩ステイフーリッシュエアスピネルを加えて勝負!

f:id:yu-ichi211:20190714063934p:plain

 

 

 


函館記念2019【競馬予想】|先週に次いで波乱傾向にある夏の重賞戦!近年と一昔前では求められる適性が少しシフト!?

過去の結果から近年の傾向、求められる適性についてや近年のラップタイムに触れてますので是非。本命のマイスタイルと対抗の〇〇〇〇〇〇〇〇〇に関しても見解を述べています。

 

ブログランキングでお馴染み人気ブログランキングにも参加しています!下のバナーをクリックしてもらえるとランキングが上がりますので応援よろしくお願いします\(^o^)/


競馬ランキング