現代血統の競馬

競馬の観点を“血統”としていて現代における血統の見方や活用で予想に奮闘!! 主に週末の競馬をブログとYouTubeにて配信しています。

2018年アメリカジョッキークラブカップ|血統傾向と上位人気馬の血統評価について

2018/1/21(日) 1回中山7日
4歳上 別定 芝2200m (Cコース) 11頭
AJCCG2
本命にするつもりだったブラックバゴが回避。
これで選択肢を変えなきゃ(汗)

11頭立てと寂しい頭数ということもあり、上位人気で決まりそうな予感。
順当に決まるとしても、どこから入るかや馬券の組み立てが重要となるでしょう。

◇先週の中山競馬場から馬場を考察◇
少しタフな要素が必要で、平均以上で流れると先行馬も苦しくなるという馬場(ドスローで前が残る競馬もあった)。
実際に時計も標準より少し掛かる印象。
血統的にはステイゴールド系の産駒トニービン内包馬(主にハーツクライ産駒)の台頭が目立っていた。
他にもロベルト系キングマンボ系好走多数。

では、AJCCについて。
過去5年の血統傾向がこちら。

f:id:yu-ichi211:20180119023602p:plain

中山最終週にコース形態、距離も含めタフさが要求されるのは先週の馬場傾向と一致。
特にAJCCではノーザンテースト内包馬(ステイゴールドも内包している)の力が発揮される舞台!
ノーザンテーストが強調される馬は中山の外回りコース(芝1200、1600、2200m)を得意としていますが、それはなぜか?
平均的な持続ラップに強く、ゴールまで一定のペースで走りやすいからです。
これは中山2200mの重賞(セントライト記念オールカマー、AJCC)の血統傾向を見れば一目瞭然!
他にも馬場傾向で挙げていたトニービン内包馬、ロベルト系が好走していて、欧州型ノーザンダンサー系も能力を発揮できる舞台となっています。
ズバリ!! 馬場的にタフで持続性が問われます!

最後に予想オッズ上位5頭の血統評価。
僕の匙加減ではありますが、
できるだけ客観的な評価で10段階評価しました。

f:id:yu-ichi211:20180119023847p:plain


ミッキースワロー[血統評価:7]
父:トーセンホマレボシ 母父:ジャングルポケット
父のトーセンホマレボシノーザンテーストを内包しているサンデーサイレンス系。種牡馬としては褒められる成績ではありません。
この馬に関しては、今回のコースで2戦2勝の得意舞台。特にセントライト記念は相当強い内容だと評価していますし、そもそもノーザンテースト内包馬なのでそこそこ評価はします。母父にも傾向に合うジャングルポケット(トニービン内包)。
血統表にトニービンノーザンテーストクラフティワイフ(クラフティプロスペクター)が揃うのは他にカンパニーやトーセンジョーダンが浮かぶように、この馬相当強いのでは!?
...と思っています。


ゴールドアクター[血統評価:
父:スクリーンヒーロー 母父:キョウワアリシバ
父のスクリーンヒーローはロベルト系にサンデーサイレンスノーザンテーストからなる種牡馬です。母方にもパワーがあり、特に在来牝系はタフさの要る荒れ馬場には強いスパイスとなるでしょう。
血統も実績も文句なし。問題は7歳馬ということですが、6歳、7歳馬でも多くの好走しているレースなので問題は半年振りでどこまで動けるか?


ダンビュライト[血統評価:7]
父:ルーラーシップ 母父:サンデーサイレンス
先週の馬場を見る限り、ルーラーシップ産駒も合うと思います。
それに母母父リヴァーマンを高く評価。タフさとパワー両方の能力を持ち合わせた重要な血統です。
あとはこの馬自身の適性(得意舞台)がどこにあるかでしょう。


レジェンドセラー[血統評価:6]
父:ルーラーシップ 母父:スペシャルウィーク
同じルーラーシップ産駒でも、こちらは1ポイントダウン。
こちらの母方も評価できないことはないですが、リヴァーマンに比べるとそうでもないと判断。
しかも、競争成績から外回りの(直線の長い)阪神、京都コースで目立つ過ぎ!? 逆に短い直線での適性に疑問があります。


ショウナンバッハ[血統評価:7]
父:ステイゴールド 母父:サクラバクシンオー
まずはステイゴールド産駒ということで、そこそこ評価。
母父にはサクラバクシンオーですが、これは距離指向が短いとかではなく、サクラユタカオーの牝系(在来牝系)とノーザンテーストを個別に評価。(一応、言っておくと母父サクラバクシンオーは父サクラバクシンオーとの扱いが全く違います)
ちなみに、半弟のキタサンブラックとは馬格と脚質が違い過ぎるので気にしなくていいです。
2年前のAJCCで3着。舞台適性というより、末脚が素軽いので最後は伸びて来るも台頭するには巧い騎乗と展開利が相当必要かも
個人的には前走の借りを返してほしいのだが...
(中日新聞杯で単複ブッ込むもハナ差の4着orz)

 

以上となります。
あとは枠順に加え、土曜日の馬場状態とオッズを考慮して最終予想としていきます。
最終予想と買い目については土曜日の深夜~当日早朝までに公開しますので是非!!

現在の穴候補は人気ブログランキングにて発表しています!
勿論、本命にする可能性もあります。この正体は是非、
人気ブログランキングへをクリックして順位を見てください。

【穴候補】この馬⇒人気ブログランキングへ

 

 

月刊誌「競馬最強の法則」監修の最強競馬ブログランキングにも参加!!
 ↓↓↓ こちらから応援して下さい!


最強競馬ブログランキングへ